社長の仕事とは経営をすること

儲かっている店と儲からない店の違い

儲かっている店とそうでない店には明確な違いがある。儲かっている店の特徴は、社長が現場にいないということだ。社長の仕事とは、本来は経営やマーケティングをすることである。儲かっていない店は、社長が経営者の仕事をできなくなっている。逆に儲かっている店は、社長が無理に現場にいないで経営をしっかりと考えている。ここが、大きな違いなのである。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、この世界の法則や社会の仕組みを理解し、時流を見極めて経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

儲かっている店と儲からない店の違い

最近よく、地元の飲食店からコンサルの依頼を受るのだが、クライアントの店を観察してみると、儲かっている店とそうでない店には、明確な違いがある。

結論から書いてしまうが、儲かっている店の特徴は、社長が現場にいないということだ。

「え?」

そう、思うかもしれない。少し前は三現主義などといって、現場を見なければいけといった風潮があった。もちろん、それはある意味正しい部分もあるのだが、社長の仕事とは、本来は経営やマーケティングをすることである。つまり、店までお客を連れてくることが仕事なのだ。

これが、社長が店頭にいて、現場の仕事をしてしまうと、結局、時間と労力を現場だけ、店だけに取られて手一杯になり、一番大事な経営戦略を立てることができなくなってしまいがちだ。

つまり、儲かっていない店は、社長が経営の仕事をできなくなっている。逆に儲かっている店は、社長が無理に現場にいないで経営をしっかりと考えている。ここが、大きな違いなのである。

社長が経営者の仕事をできていない

社長が経営者としての仕事をしなければ、そりゃあ上手くはずもない。しかし、中小企業や個人事業者のような小さな会社では、なかなか、これができないのが現実である。

どうしても社長が現場で汗を流してしまう。もちろん現場に出るな、ということではない。現場に出て、現場を見る事は大事だ。しかし、そこで汗を流してはダメなのだ。それでは全体が見えなくなる。多くの小さな会社の社長が、この間違いをしてしまっているのだ。

ではなぜそうなるのか。

これは、圧倒的にマンパワーが足りないからだ。そもそも小さな会社は、1人から数人で仕事を回している。だから、社長が現場に出なかったら、だれも仕事をする人がいなくなってしまうのだ。

しかし、その結果として、経営がうまくいかなくなるのである。

経営者としてのもう一人の自分を作る

経営者としてのもう一人の自分を作る

では、どしたらいいのかだが、それには、客観的に見ることのできる経営者としての自分をもう一人作り上げることだ。もちろん人を増やすのではなく、自分の意識の中にである。

常に、第三者として客観的に見る訓練をし、経営やマーケティングの知識を身につけることだ。こうして、経営者としての思考と現場の思考の両方を作り上げる。そうすれば、経営者としての仕事ができるようになる。

しかし、それには多くの学ぶ時間を必要とする。だいたい3年くらい真剣に学んで努力すれば、誰でもできるようになっていくだろう。

あなたに、そんな時間が無いと思われる場合には、私のようなコンサルタントを利用することだ。しっかりとしたコンサルタントであれば、必ず成果を上げることができる。これまで、経営について考えてこなかったわけだから、いま上手くいっていないところほど効果がでるはずだ。

しかし、現実の世の中は反対である。

流行っていない会社や店ほど、こうした部分に金を掛けない。その割りに、訳のわからないインターネットのシステムに大金を投じていたりしている。逆に上手くいっているところほど、経営という意味がわかっているからそこに金を掛ける。そうすると、ますます儲かる・・・

こういうのを善循環という。

もしいま、あなたのビジネスがあまり上手くいっていないのであれば、無理してでもコンサルタントを利用することを勧める。実際に、最も費用対効果の高い投資がこれなのだ。

関連記事

  1. 自分と家族のために必死でお金を稼ぐ

    社長は自分と家族のために金を稼げ

  2. あなたの起業の仕方は間違っている

    あなたの起業の仕方は間違っている

  3. 社長における時間管理の重要性

    社長における時間管理の重要性

  4. 商人としての責任を自覚して経営をする

    商人としての責任を自覚して経営をする

  5. お金の使い方には投資と消費がある

    資金繰りが良くなるお金の使い方

  6. あなたは自分らしいビジネスをしているか

    あなたは自分らしいビジネスをしているか

error: Content is protected !!