決算書が読めない社長では会社は発展しない

決算書が読めない社長では会社は発展しない

会社の大小に関係なく社長は、銀行などに現在の状況や未来の予測を、数字で説明しなければならない。この時に使用するのが、貸借対照表であり損益計算書になる。ここが決算書の基本の部分だ。そして、これこそが、あなたの言葉の裏づけとなる。こうした財務諸表を使って第三者に対して、会社の状況を説明することが社長の仕事のひとつなのだ。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

経理を女房に任せていてはいけない

中小企業や個人事業といった小さな会社の社長に必要なスキルの一つとして投資的思考ができることがある。しかし、多くの小さな会社の社長がこれができていない。なぜそうなるかというと、会計的な知識が足りていないからだ。

これまで私が、コンサルティングをさせていただく中で小さな会社の社長の多くが、決算書が読めないなど、会計的な知識を持っていないことが目立つ。もちろん全員ではない。

しかし、

「経理は女房に任せているから決算書なんて判らない」
「そもそも、決算書なんて意味がない」

なんて、堂々と答えられると、さすがにげんなりしてしまうものだ。

もちろん、細かい税法や簿記論までは知っておく必要はない。そういうところは、会計士や税理士に任せればいい。しかし、会社の通知表と言われる決算書が読めないというのは、恥ずかしい事であって、決して自慢できることではない。

基本的な会計知識は経営の基礎

会社を経営をする上で、銀行などの金融機関とのコミュニケーションのための会計知識や、経営の意思決定のための会計知識は、絶対に必要になる。

こうした会計の知識を持つことで、初めて経営的な視点を持つことができるのだ。だから詳しい知識は必要ないにしても会計の基本的な知識くらいは、小さな会社であっても、社長は身につけておくべきなのだ。

特に、小さな会社の社長が会計的知識を身に付ける必要がある理由の一つは、対銀行などの金融機関との交渉のためだ。まったく仕入れがない分野や設備投資をまったくしないのであれば、あまり銀行などとの交渉をすることはないが、ほとんどのビジネスにおいては、銀行との交渉は必要になる。この時に、共通の言語となるのが会計知識なのだ。

大きい小さい関係なく経営者は、銀行などに現在の状況や未来の予測を、数字で説明しなければならない。この時に使用するのが、貸借対照表であり損益計算書になる。ここが決算書の基本の部分だ。

そして、これこそが、あなたの言葉の裏づけとなる。この数字を利用して、ビジネスの全体像を大局的に捉えて、資金を調達するというのは、社長に課された大きな仕事なのである。簿記や税法などの知識ではなく、こういった財務諸表を使って第三者に対して、会社の状況を説明することが社長の仕事のひとつなのだ。

数字があって初めて戦略的になる

数字があって初めて戦略的になる

そして、会計のもうひとつの役割は、経営戦略のためだ。

例えば、固定費と変動費の割合はどうかとか、損益分岐点はどこかとか、生涯顧客価値はいくらとか、こうした数値を知ることだ。ビジネスは、結局のところどこまで行っても数字からは逃れられない。だから、この数字に強くなっておいたほうがいいのは当たり前なのだ。

何かを決めるときに直感も大事だが、その直感を裏付けるのがこの会計から来る数字なのである。

しかし、これまで多くの社長さん達と接してきて感じるのは、こういった数字を避けて通る人が多いということだ。かなりの割合で決算書を理解できる人はいないし、理解しようともしていない。

これでは、これまでビジネスが上手くいっていたのは単なる偶然でしかないということなのだ。

数字が解れば再現ができる

数字による裏づけながなければ、再現したくてもできない。うまくいった販促も、結局、再現できないまま終わってしまうものだ。

それでも、飲食店などの場合は、まだ数字に拒否反応を示したとしても、まあそうかなとは思うが、じつは、ネットショップの経営者ですら数字に弱い人がいる。現代のように通信販売が、隆盛を極めた理由の一つにこの会計の数字を、徹底して活用していることが挙げられる。数字を理解しているから、顧客獲得コストをギリギリまで上げていける。つまり広告費をかけられるのだ。それが理解できていないということは、どれだけ偶然に頼ってビジネスをしているかということである。

とにかく社長は数字に強くなるべきである。決して難しいものではない。少なくとも、決算書を読める程度にはなっておくことだ。これが社長の最低限の仕事だ。

関連記事

  1. キャバクラでマーケティングを学ぶ

    キャバクラでマーケティングを学ぶ

  2. お客が本当に必要なものを見極める

    お客が本当に必要なものを見極める

  3. 社長としての器を広げる

    社長としての器を広げる

  4. 何かを伝えるためには言葉や文章に喜怒哀楽をのせる

    何かを伝えるためには言葉や文章に喜怒哀楽をのせる

  5. 失敗しない起業法は存在するのか

    失敗しない起業法は存在するのか

  6. あなたは自分らしいビジネスをしているか

    あなたは自分らしいビジネスをしているか

error: Content is protected !!