最小の資金で勝つ小さな会社の戦略

最小の資金で競争に勝つ

世の中には、多くのマーケティング手法が溢れている。しかし、その多くが、大きな会社の為の戦略でありマーケティング手法なのだ。これを、小さな会社が真似をすると、効果がないどころか、集客コストの増大で経営が悪化していくことになる。そのため、小さな会社は専用のマーケティングに対する考え方が必要になる。小さな会社は、その小さいという利点を徹底的に生かしていくことが必要になるのだ。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

最小の資金で競争に勝つ

小さな会社が取るべき戦略を一言で表現するならば、

「最小の資金で競争に打ち勝つ為の戦略」

ということになる。

世の中には、多くのマーケティング手法が溢れている。しかし、その多くが、大きな会社の為の戦略でありマーケティング手法なのだ。これを、小さな会社が真似をすると、効果がないどころか、集客コストの増大で経営が悪化していくことになる。

小さな会社は、そもそもが資金力が無いのだから、他と同じような事をしていては勝つことはできない。小さな会社は、その小さいという利点を徹底的に生かしていくことが必要になるのだ。その為には、小さな会社専用のマーケティングの考え方が必要になる。

これを、まとめたのが『スモールビジネス戦略』である。

小さな会社の2つの戦略軸

小さな会社が取るべき戦略は、基本的に2つの軸から成り立つ。

一つ目は、大きくすることを目指さないで、小さいという利点を徹底的に追及することだ。多くの会社が失敗する理由は、大きくしようとするところから始まる。大きくするためには、借り入れをし、設備投資をすることになり、その体制を維持していく為に、無理してお客さんを集める必要に迫られることになる。

多くのお客を集めるということは、多くのお客のニーズに合わせることになる。それはつまり、商品の特徴がが平均化しコモディティ化して、その結果、価格競争に巻き込まれることにつながる。

価格競争に巻き込まれると、あとは、熾烈なシェア争いとなり、1人だけが勝ち残るサバイバルとなる。多くの会社が、拡大を目指し、全国に店舗を出店して、そして、潰れていく。会社や店を大きくしようと思った時に、結局、この無理な拡大サイクルにハマって抜け出せなくなっていくのだ。

会社を拡大するメリットはあまりない

会社を拡大するメリットはあまりない

では、会社を拡大することによる社長としてのメリットは何だろうか。

まずは、社会的にかっこいいということがある。大きな会社の社長は、やはりステータスだ。マスコミに取り上げられたりして、ちやほやされる。芸能人と結婚できるかもしれない。しかし、おそらく社長の収入的には、大きくても、小さくてもそれほど変わることはない。

資産は、株式を上場すると大きくなるが、それを売って現金にできるわけではない。それをするということは会社そのものの売却となり、結局、絵に描いた餅ということである。自分の会社の株を売って現金にするということは、本末転倒なわけだ。もちろん、アメリカの会社のように、途中で誰かに会社を売ってお金持ちになるという方法はある。これは、本来、経営者がやることではなく、資本家のやることなので、ここでは、取り上げない。

さらに、会社を大きくして、かっこよくなっても、借入金額が大きくなるほど社長個人のリスクは大きくなる。日本の場合には、社長が個人的に保証を強制されてしまう。つまり、会社を大きくしていくにつれて、莫大な借金を背負うことになるのだ。

もちろん、ここまで理解した上でなら、あえて大きくすることを選んでもかまわないだろう。ただ闇雲に大きくしたいと考えると、それは、後々大きな失敗につながりやすいものだということを知っておくことである。

仕事を生きがいとする生き方

2つ目の軸は、自分の好きな事、得意な事を仕事としてやっていくということだ。

私たちが仕事に費やす時間は、毎日1/3にもなる。寝る時間や食事をする時間、入浴やトイレの時間もあるから、実際には、使える時間の半分以上を仕事に費やすことになる。だったら、その時間を、より有意義なものにしていくことで、自分の人生を幸福なものに変えていけるはずだ。

その為には、仕事を幸福なものに変えていくために、何を仕事にするか。どのような商品やサービスを提供するか。こうしたことを考える必要がある。そして、それがそのまま、お客さんの役に立つこと、つまりニーズに合致させることで、好きな事、楽しい事、得意な事を仕事として生きていくことができるようになる。

そして、このことがそのまま、あなたの強み(usp)になっていく。

仕事を生きがいとする生き方

小さな会社の2つの戦略軸の関係

この2つの軸は、どちらが優先するということは無い。それぞれが密接に関わっていく。

やりたいことを仕事として実現する為には、拡大戦略を取ると上手くいかなくなる。拡大するためには、多くの人に商品を売る必要がある。その為には、借り入れをして、設備投資をし、生産力を上げていく。生産された商品を売る為には、市場を広くしなければならなくなる。そうなると、ライバルが出現し、価格競争が起きて熾烈な弱肉強食の争いになってしまう。借金を返し、社員に給料を払うために、やりたくない仕事も、やらなければならなくなるだろう。

反対に、拡大しない戦略では、好きな事や、得意な事を仕事にすることで、競争力を高めることができる。さらに、詳細なニーズに適応させ、付加価値を高くして、利益率を高くすることができるはずだ。利益率を高くできるから、こだわった商品を売ることができ、それがまた、ファンを作っていくことになる。

排他性こそが長続きの鍵となる

好きな事を追求した先にあるのは、

「価値をわからない人には来てほしくない」

という排他性になる。

排他性とは、誰にでも媚びるのではなく、価値をわかる人を丁重に扱うことの裏返しだ。これは、自己満足のようでいて、実際は長期にわたって会社を保つための、最も合理的な手段といえる。拡大を目指さずに、好きな事を追求する。これは、つまるところ、永続性を目指す戦略になるのである。

『スモールビジネス戦略』は、この2つの軸を中心に、マーケティング戦略を構築していく。

これによって、

「最小の資金で競争に打ち勝つ為の小さな会社の戦略」

が実現できるのである。

関連記事

  1. 商品を売る時は「誰に何を売っているか」を意識する

    商品を売る時は「誰に何を売っているか」を意識する

  2. ビジネスの仕組を構築する

    売れる仕組みを構築する

  3. あなたの会社や商品の価値を何度も伝える

    あなたの会社や商品の価値を何度も伝える

  4. 小さな会社はかっこ悪く稼げ

    小さな会社はかっこ悪く稼げ

  5. 小さな会社の経営者は価値観や世界観を語れ

    小さな会社の経営者は価値観や世界観を語れ

  6. 魅力的な強み(USP)が圧倒的な差を生む

    魅力的な強み(USP)が圧倒的な差を生む

error: Content is protected !!